お仕事お探しですか? 面接官に伝える5つのこと 履歴書のページが終わったら、次は面接。 部屋に入る前に緊張を捨てて、面接を楽しもう。 雇われるあなたにとってこれは雇う側をもっと知るためのチャンスです。また同時に、雇う側にあなたをより良く知ってもらうためのチャンスなんです。 面接官がしたいということは以下の2つのうちのどちらかであることを忘れないで。 |1.あなたを断る理由を見つけること |2.あなたを雇う理由を見つけること 面接官に伝えなければいけない5つのこと。それを面接で出来れば、あなたはきっと第2グループに入れるでしょう。 1.あなたが価値をどのように提供できるかを伝えよう。  入りたい組織と彼らが望むものを知ろう。 会社のウェブサイトから得れる以上のことを知ろう。その会社で働く人から会社が直面している問題について聞き出そう。業界紙やGoogleやYahooに載っている記事をチェックして、もっと会社について学ぼう。 2.あなたがムードメーカーであることを面接官に知らせよう。 もしあなたが面白く、愛嬌がよく、笑顔にあふれる、、、といった”一緒にいて感じられる喜び”を面接官に教えてあげよう。職場の多くには、私が親切にも「あなたと一緒のランチはご遠慮します。」と言ってしまいそうな人々であふれています。きっとあなたの近くにもそのような人っているでしょう? あなたが面白く、愛嬌があり、前向きで人当たりが良い人であるという事を “伝え”よう。そのことを表に出したくないのと同じくらい、あなたはきっとそのことを”言い”たくないでしょう。私の教え子の一人が、多くの人が間違いなく探し求めるようなとても理想的な仕事に応募していました。彼は笑顔にあふれ、親しみやすいな子で、見事その仕事を手にしました。 別の方法もあります。: 受付係と待合室にいる他の志望者に親しくしましょう。 3.面接官にあなたが学びに対し意欲的であり、飲み込みが一番早い人であることを伝えよう。 面接官の立場から面接を考えてみよう。面接官はどうやってあなたがチームの仲間に入っていくのか、どのくらいで追いつけるかを知りたがっています。彼らにあなたが学んできたこと、それにかかった時間、そしてどのようにその学びを楽しんできたかを伝えましょう。 4.面接官に興味を抱かせよう。 どんな面接においても、面接官があなたに質問があるかどうか尋ねる瞬間があります。 |常に質問をもつこと 難しい質問は簡単なものに勝ります。質問で面接官を困らせるのではなく、彼らに考えさせるような質問をしよう。【給料の質問は厳禁-まだ早い】私のお気に入りの質問のいくつかをここで紹介しましょう。 1.このポジションの志望者にどのような【資格、貢献、背景】を求めていますか。 [教え子の中には日本で無事に就活を終えた子がいます。とても厳しい環境の中で、複数のオファーを彼は獲得しましたが、彼がした質問の1つがこの質問でした。面接官が答えた際に、彼はどれほど自分が彼らが求めるものに当てはまるかを伝えました。] 2.このポジションにいる最も成功した人はどういったことをするのか。別の聞き方は、”この仕事を上手にこなす上で何が重要ですか。” 仕事を上手にこなす人物の経歴を知ろう。彼がリーダーシップを必要とする立場なら、彼がチーム作りをするかどうか。販売部門にいるなら、販売の電話をかけるかどうか。 5.面接官に興味がある事を伝えよう。 仕事をオファーしながら、その申し出を断られたいと思う人はいない。【デートで”待ちぼうけ”するようなものだ。ひょっとすると、そんなに悪い事でもないかもしれない。】もし仕事がほしければ、面接官に興味があることを伝えよう。だが”お願い”は禁物だ。今こそ「この仕事が本当に必要です。」と言おう。 幸運を。また、上手くいきますように。あなたは他の志願者とは違ったものになりたいと思ってるでしょう?そうなるためにこの5つは役立つと言えるでしょう。 Translation thanks to Bumpei Sunaguchi.